NEWS
新着情報

福岡 八女抹茶日付:2020.07.29

業務用バルクジェラートでは、国産シリーズから新商品を発売します。

新商品は福岡 八女抹茶です。

■八女茶の旨味の根拠

お茶の味を決めるのは品種や栽培地の気候や、肥料だけではありません。同じ品種や同じ立地でも栽培方法によって味が変わると理解している人は多くないと思います。お茶には芽の数を増やして育てる芽数型(がすうがた)と、茶の芽を少なくし、一つ一つの葉を大きく育てる芽重型(がじゅうがた)の二種類の栽培方法があります。芽数型は枝をたくさん切り、細い枝を多くして芽を増やす方法で生産効率が良いです。いっぽう八女茶が採用している芽重型は枝をなるべく切らず太い枝から大きな新芽を作り出す為、栽培面積に対して収穫量が少なくなるので生産効率が悪いです。しかし枝が太く、葉が少ないことからたくさんの栄養や旨味を1枚に蓄えられるので旨味の強いお茶ができやすいという大きなメリットがあります。更に八女茶は昔ながらの伝統技法(伝統本玉露)を採用しております。伝統本玉露技法は化学繊維で織ったネットではなく稲わらで新芽を約20日間被覆するものであり、通常茶葉の約1.5倍多く遮光期間を要す栽培方法です。その効果はお茶の旨味成分であるテアニンが、カテキンやカフェインに変化するのを防ぐことにあります。更に通常のお茶は三番茶や四番茶まで収穫しますが、八女茶は二番茶までしか収穫しません。これらの量より質を重視した栽培法が八女茶の美味しさ、高級茶としての根拠となるのです。

■八女抹茶ジェラートの旨味の根拠 

弊社には京都宇治抹茶という人気商品がございますが、今回あえて抹茶製品をもう一つご提案するのには、

「こんなにも苦労して生産されている八女茶をジェラートにしてみたい」という開発者の想いからです。八女茶が美味しいというのは有名なことですが、試飲してこの茶葉のポテンシャルの高さに驚かされました。この八女茶の本来の苦味、旨味、コクを活かす為に試作を繰り返し行い、美味しさを引き出す事に成功しました。

まず甘さを最低限に抑えることで、カロリーも従来品より10%程、抑えました。その効果として八女茶の旨味であるコク、キレ、苦みをすっきりかつストレートに感じられる様になりました。また、お茶を飲んだ時の茶葉の香りや余韻をしっかり残し八女茶のコクを活かす為、乳脂肪を最低限の量に抑えております。このジェラートは単品で使用するだけでなく、他の商品と組み合わせた際に、苦み、旨味のアクセントとなるように開発されております。是非八女茶の旨味を最大限に引き出した、大人の抹茶ジェラートを是非ご賞味ください。

◆規格/内容量:2L×6本入

お問い合わせ:ユーロインターナショナル㈱ 営業部03-5722-3161